無所属の候補予定者が集まってゼロの会ができました。

みんなが幸せに 楽しく生きる社会をゼロの会と

私たちは新しいこと、より安心で安全なことを提案し社会課題を解決していきます。性別や年齢、利益互助会的なしがらみ、国政政党のイデオロギーなどにとらわれず、身の回りの社会課題の解決、将来的な安心と安全の確保を最優先します。皆さまの住む街をもっと暮らしやすい街にするために、ゼロの会に期待してください。

ゼロの会を応援する


ゼロの会 公式ホームページです

Zero-party`s Official Homepage

前回の都議選でホリエモン新党と呼ばれた「ゼロの会」をご存知でしょうか。

アンケートに答えてみる

私たちゼロの会の決意

議員報酬をゼロにする、議員なんて必要ない、地方議員をゼロにするなどの主張が有権者に全く受け入れられず、大敗いたしました。私たちは深く反省し、堀江さん頼みをやめ、穏健な政策で穏やかな改革をもって、私たちの生活を暮らしやすくするため、政治の敷居を下げることを目標に再び頑張ろうとリスタートの決意をいたしました。

貴方の声が政策になります!

街の不安

学校のいじめ問題がこれほどまにでニュースで取り沙汰されているにも関わらず、依然としてなくならないのはなぜだろう。
国民年金は本当にもらえるのかなぁ。

もらえたとしてもその国民年金で食べていけるのだろうか。

議員さんたちは国民年金では食べていけないって言って議員年金制度を復活させようとしているけど
オリンピックに向けて道路の舗装工事が急ピッチで行われているのに、街の歩行者が車との接触の危険にさらされている中、どうして歩道の整備が重要視されていないんだろう。
若い人たちの給与が上がらず、結婚も断念したり、晩婚化せざるを得ない状況にある。景気はよくなるのかな。

街の悩み

少子高齢社会が心配。

子どもの貧困対策は必要だと思うけど、自分ひとりで何ができるのだろう。
周りを見渡すと孤独な高齢な方が増えてきた気がする。

他所のナンバーを付けた車が日中ずっと止まっていてなんか不安。
どんどん外国人が入ってくるというけれどなんとなく不安。

晩婚化っていうのを通り越して結婚しない人たちが増えてきた。
国土強靭化っていうけれど、地方ばかりお金を使って港区のうちの近所はどうなのかしら。


街の声

私たちの意見ってどうやって自治体は拾っているんだろう。

偏った意見だけ取り上げられてないか不安。
結局何をやってるかわからないのが地方議員だと思う。

後援会の役員とか、近しいからとかそういった人たちは問題ないかもしれないけど、なんか敷居が高いんだよねぇ。
若者の意見や子育て中の人たち、本当に困っている人たちの意見って本当に届いているのかな。

新しいテクノロジーとかってすぐ導入されないけどお役所ほど真っ先に導入したらいいんじゃないかな。
偉い人が来てこいつを宜しく、困った時はオレに言ってくれって聞いたけど、どうして本人じゃないんだろう。

上下関係とかマウンティングとかないみたいな関係なのがいいなぁ。

政治、政策、議会、行政の敷居を下げます!

敷居が高いと中で何をやっているかわかりません。地域の人たちが簡単にチェックできるよう私たち変えていきます。何をやっているかわからないものはゼロにしていきましょう。透明度が高ければ、少々の失敗やミスがあってもより大きな失敗や事故などの未然防止につながります。ゼロの会は隠し事ゼロを推進していきます!

ゼロの会の三本柱

●日当制の導入

ゼロの会は日当制を導入することが何よりの議会改革であると確信を持った政党です。地方議会の平均会期は80日程度です。所属する地方議会に対し、議員報酬制度を廃止して日当制を導入する条例を提案します。利権や不公正の温床となっている議員専業の職業議員を減らし、兼業議員を増やします。敷居が高く感じるのもここが原因です。


●透明性と公正さの重視

国民年金でも普通に暮らせる公正で透明性の高い地域社会を作ります。国民年金では食べていけないという理由での地方議員年金を復活させようとしているのが現在の地方議会です。みんなが幸せに楽しく生きる社会を作ります。
政策例:役所や外郭団体の退職後再雇用における民間からの積極登用、官民出身比率の公表と是正策など




●予防重視の政策展開

社会問題の予防を重視した政策を展開していきます。起こってしまった犯罪や事故、社会問題の負担は意外に重く、その負担はドンドン増えています。私たちの健康と同じように、社会問題の予防に注目し、政策を提案していきます。
政策例:街宣車の規制、住宅街における防犯カメラの無償貸与など

この三本柱に賛同してくれる方!

ゼロの会は東京都港区を本部にした政党です。無所属や政党公認で立候補をすると様々なしがらみで選挙費用は高額になりがちですが、ゼロの会では選挙費用を50万円程度(供託金を含む)に抑えて当選を目指します。もちろん供託金没収点を下回ってしまった場合でも党が責任を持って供託金分を返金いたします。全ての立候補したい方が立候補できて、当選できるわけではないでしょう。ただ後援会主体の選挙では高額になりがちな選挙費用を一定額に抑えることができます。私たちは政治や議会、行政などの敷居をさげるために全力を尽くします。スポンサーがいなくてもなんとかなる。皆さまの街をそういう街に変えていきます。どうぞ宜しくお願い致します。

 私たちは仲間を募集しています
(統一地方選 ゼロの会公認候補、本部事務局スタッフ、
車持ち込み有償ボランティアスタッフ、応援団など)

アンケートの最後に仲間募集の項目があります。仲間になるをポチっとしてください。担当が連絡いたします。私たちは年齢や社会的立場での上下関係なく、平和主義の穏やかで仲の良い仲間たちと一緒に活動しています。少々の失敗でも怒鳴りあったり、怒られるようなことはありません。こういったスタンスにも共感できる方、ぜひとも仲間になってください。

ちょっと興味がある

ゼロの会 Zero-party 行政の敷居を下げる!

 

●公務員退職者を優先あるいは偏りがちな官庁や外郭団体での再雇用を民間にもしっかりと開放、周知し老後も公正に働く先が決まるよう透明性を高めます。

●役所本庁舎、各地区総合支所、外郭団体などで就労を希望する障がい者全てにインターンシップ制度を提供していきます。(東京都港区にて時給700円20名程度の事例があります)

●各種規制などでの役所対応に関して適時、文書もしくはテキストデータで回答するよう制度を創設します。(適当なことがいえなくなるとお互いの仕事が減ります。)

ゼロの会 Zero-party 議会の敷居を下げる!


●議会でより多くの有権者の声が届くよう、また子供たちが直接訴えることができるような公聴会を充実させます。議会で話すのは議員だけの特権ではありません。陳情や請願に頼ることなく、公聴会を開きしっかりと皆様の声を議事録に載せることが民主主義では何より大事です。

●日当制導入に関するより詳しい説明ですが、現在の地方議会の会期は30日から100日を超える程度となっており、実際に出席した日数に対して日当制を導入した方がより合理的であると私たちは考えています。会期80日であっても日当を五万円とした場合、他に仕事をしていれば十分に食べていける金額です。議員が高額の報酬を貰い専業である必要性は時代や技術の革新によりどんどん減っていると私たちは考えています。ところが逆行するように議員の報酬は増え続け、国民全体の借金も増え続け、さらには社会課題も放置されたままどんどん時間が過ぎています。どこかで大きな改革を始めなくてはいけません。私たちはそれが高額報酬から日当制への転換だと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

ゼロの会 Zero-party 政策の敷居を下げる!


都内となると再開発事業が数多く進む中、防災が主に話題になっていることが多いかと思います。たしかに防災はとても大事ですが、再開発を意図したものが多く、個人の心配や不安などはなかなか言いだしにくかったり、聞くだけ聞いて大事にされなかったりしていないでしょうか。現在やられているやり方が不当なものとは思いません。時折、雑な対応で炎上している以外、多くが丁寧に行われているかと思います。ただ、都内であっても過疎が進むところであっても、私たちはずっとそこに住み続ける人たちのための、小さな政策を積み上げて安心と安全な社会を作っていきたいと考えています。

例えば落書き集中地区や商店街に偏りがちな防犯カメラ予算を増額して住宅街に対しても無償貸与という形で整備していけば、犯罪は起こりにくくなり、将来的なコストは大きく下がるでしょう。どこの誰だかわからない遠くの街のナンバーの車が住宅街にずっとエンジンかけたまま駐車していたらきっと周囲の住人は不安になるはずです。犯罪や事故のコストは意外に大きく、カメラのコストは意外に小さいものです。こういった意識改革を通じてよりよい地域を私たちと一緒に作りましょう。


ゼロの会 Zero-party 社会課題の敷居を下げる!


多くの社会課題と触れ合ってきて思うことがあります。地域社会にとって本当に大切で大事なことをしている人たちが自腹を切り、自分の時間を費やして、課題の改善・解決に尽力している方々がいる一方で、十分な予算でのんびりと社会課題を放置しながら、自己権益の確保のため、あるいはイデオロギー闘争に明け暮れてきた議会政治のプロフェッショナルの人たちがいらっしゃいます。私たちはそういうプロフェッショナル議員の先生とは一線を画して、活動していきたいと考えています。

親の自己責任、金持ちが悪いなどと責任の議論が延々と続きながら一向に解決しない子供の貧困問題など、私たちは社会問題の予防にエネルギーを使っていきたいと考えます。極度の貧困とすさんだ環境で教育を受けられなかった人たちを助ける予算は、非常に高いコストです。そうなる前、ん?なんかちょっとやばいかも程度の時に様々な支援策に手が届くような環境を整えておくことは意外に低いコストです。一緒に解決していきましょう。

About us ゼロの会 メンバー紹介
ぜひ皆様もジョインしてください!

奥地だいよう
調布市にて立候補予定
34歳 O型
電気通信大学・同大学院卒業
IT系研修会社に入社

シニア向けにPCの学びの場を提供する傍ら、子供向けプログラミング講師を務める。
進学塾塾長として、小・中学生の基礎学力向上に精を出す。

ゼロの会 副代表
児童教育政策
科学技術政策担当責任者
山中光平
国分寺市にて立候補予定
29歳 B型 ゼロの会の最若手
中央大学商学部金融学科卒業
ターミナルケア・コンサルタント代表

貿易事業、学習塾など様々な事業を展開し、現在は長年海外で学んだ経験を活かし終末医療に力を入れる。
ゲーム実況、LINEスタンプ販売、本の出版など活動は多岐に渡り、新型ドローンの特許も取得している。

ゼロの会 副代表
高齢者医療福祉政策
若者活躍政策担当責任者
いいだ佳宏
港区にて立候補予定
45歳 北海道出身 A型 牡羊座 
港区エンジニアリング合同会社
代表社員総責任者
Japan Macro Advisers inc.Policy Researcher 
株式会社ログバー マーケティングアドバイザー 
株式会社DFF 顧問 

ゼロの会 代表 
高橋リナ
広報担当副代表
愛称はトリーナ 働き方改革・女性に優しい産業政策担当責任者
 Temple University卒業後AmazonJapanを経てゼロの会へ 次やることは世界一周! 立候補は未定です。
高橋リナ
広報担当副代表
愛称はトリーナ 働き方改革・女性に優しい産業政策担当責任者
 Temple University卒業後AmazonJapanを経てゼロの会へ 次やることは世界一周! 立候補は未定です。

 一緒に戦う仲間を募集しています!

(市町村区議選挙での候補者の公募)

ゼロの会では四月に行われる統一地方選での候補者を公募しております。ゼロの会公認候補で選挙にかかる費用は供託金を含め五十万円(最低ライン)ほどです。ゼロの会の公約は日当制の導入で議員を専業とする職業議員を減らし、会社やNPOの役員、従業員、専業主婦や派遣社員など何かと兼業しながら、身の回りの声を代弁する兼業議員を増やし政治や議会、行政ある敷居を下げたいと考えています。議員報酬制度を廃止して日当制導入の改革に賛成の方、現職、元職問わず、新人でトライする方、是非ともご応募ください。まずは市区町村に一人擁立し着実に増やしていきたいと考えています。公募に興味のある方はアンケートの欄を全て埋めた上で、最後にある質問に立候補したいと回答してください。折り返し公募担当から連絡いたします。一緒に敷居を下げるため頑張りましょう!

(以下は候補予定者の決定済みの選挙区です。)

ゼロの会 調布市担当
奥地だいよう へのコンタクト

090-6567-0358

Facebook:https://www.facebook.com/okd.company
Twitter:https://twitter.com/okdearth

ゼロの会 国分寺市担当
山中光平 へのコンタクト

080-6898-4779

住所:東京都国分寺市東恋ヶ窪3‐20‐9
Facebook:https://www.facebook.com/YamanakaKouhei3
Twitter:https://twitter.com/YamanakaKouhei3

ゼロの会 港区担当
いいだ佳宏へのコンタクト

090-8901-1443

住所:東京都港区麻布台3丁目2-14
Facebook:
https://www.facebook.com/zeronokaizeroparty/
Twitter:https://twitter.com/chihougiinzero

ゼロの会へのお問合せはこちら!

いろいろ募集してます!ぜひご連絡ください!
皆さまの感じたこと、街の情報、ゼロの会へのご声援、叱咤激励、ボランティアなどのご相談などなどお待ちしています。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

緊急の連絡先はこちら
090-8901-1443

本部事務局へのご訪問の際は一度連絡をお願いします。


ゼロの会 本部事務局
東京都港区麻布台3丁目2-14-4F
03-6875-1919
mail:yoshihiroiida2010@gmail.com

ゼロの会のSNSです!是非ともいいねとシェアを
お願いします!

ツイッター

候補者が毎日どこで何してるのかがわかります!
中の人頑張ります!貴方も中の人になってみませんか?

ゼロの会ツイッターへ

フェイスブック

今日の出来事や政策などを訴えます!
こちらもぜひぜひ中の人になってください!

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。

ゼロの会フェイスブックへ